サーバー移管ならばエックスサーバーがおすすめな理由!

コアウェブバイタル

CWVが導入されてから、サーバーの応答速度などを気にする方が増えてきました。

なぜエックスサーバーがおすすめなのかと言えば。

例えばさくらサーバーですと、初期応答時間がエックスサーバーの4倍、ページロードの時間が3倍です。

さくらサーバーは、1,000ミリ秒以上に応答時間がタイムアウトするのも日に40回(エックスサーバー0回、このは5回)とかです。

エックスサーバーが強いですね。

移管を検討ならば、エックスサーバーがおすすめ。

目次

エックスサーバーと契約

エックスサーバー

因みにプランはX10で十分だと思われます。

CWVははっきり言って、サーバーが重要です。

もちろん、サイト構造も、画像フォーマットも大切になってきます。

しかし、それらは後からでも直せるのです。

しかし、サーバーは移管が面倒ですし、フォーマットが壊れる可能性があるので、移管の手数料が高くなりがちです。

最近では公式サイトでも移管を行ってくれますが、そこそこ取られますね。

複数サイトを、エラーの多いサーバーで抱えてしまったときは、結構面倒な事になります。

サーバー選びは、慎重に行うことをおすすめします。

CWVについて

海外SEO情報ブログ
コアウェブバイタルは段階的な評価、0か1かではない | 海外SEO情報ブログ
コアウェブバイタルは段階的な評価、0か1かではない | 海外SEO情報ブログコア ウェブ バイタルは段階的な評価。良好をさらに改善しても評価は上がらない。3 つの指標すべてが良好でなくても相応に評価される。

こちらの記事が参考になりますね。

不良のページ、指標を最優先に改善する: ランキングにも UX にも与えるインパクトが最も大きい

改善が必要なページを改善する: 評価を少しでも上げるため

良好なページをさらに改善する: ユーザー体験のさらなる向上(ランキングには影響しない)

海外SEO情報ブログ

不良のページはそれだけで、評価を下げる可能性があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる